2015年07月14日

どんな具合に登場してくるか





「必ずと言っていいほど人りぼっちで人りで行動している行動パターンの女の人」は『気に入っている人りの世界を邪魔してはいけない』という言葉では表現できないプレッシャーがあり、近づきにくい風に感じられる。

ワンパターン化を防ぐとっておきの手順とは何でしょうね?その一手は、二人の共作業の中にある。二人の目標を持ち、それに到達した時に、二人で達成したという興奮が重要。

耳寄りな情報!暗闇の心理的作用は、強烈!顔色が暗闇でうまく隠れる事で、安堵感・開放感を得る事ができる。一般的な人にとって、自分の表情を読まれる事では好きではない事だからである。

グループで出かけるとき、運転席だけは何があっても譲ってはいけない!必ず自分の横に自分の彼女にしたい相手を座らせて自分たちだけの空間を作るのだ!あなたの財布で支払ってもらうだけであなたたちだけの共同作業がうまれます。

マンネリを封じ込める戦法を知りたい?その良策は、パートナーと二人でする共同作業にある。二人の目標を持ち、それに達したときに、二人で目標に達したという一体感が大切なのだ。

いかに悟られずにできるかどうかが成功のカギです。恋愛テクを学ぶだけではなく、気負いないように見せられる「劇団出身の女優」の真似をする事が恋愛開花への時短術です。

自分の見た感じは冴えないと考えている男性や、恋愛した事がない男性など、自信のない方でも、この恋愛テクを使用すれば、ドキドキしている女の子のカレシになれます。

誰かと恋に落ちたいのに出会いがない、老後の事まで考えているのに計画通りにいかないという人のほとんどは、方向性のズレた出会いによって悲運になっている気の毒な公算が事のほか高いと様になります。

出会いとはつまり、何日先に、どこの路上で、どんな具合に登場してくるか明らかではありません。この先、自己革新と芯の通った気力を保有して、来るべき時に備えましょう。

共学だった学生時代からの異性との関わり方をひきずっているために、その延長線上の生活で「もうすぐ出会いが勝手にやってくる」などと高をくくっているから、「出会いがない」「ハンサムガイと出会えない」などとため息をついてしまうのだ。
posted by perfectlove at 00:25| Comment(0) | 日記