2015年07月02日

「好き」の特性





恋に夢中なときには、とっても身近に、なのにいくら夢見ても達成される事のないとても大きな幸福が存在するように感じる。それだけでなくその幸せは、たった人つの言葉、そして人つの微笑にのみ運命を決めるのである。

与えあう関係の二人の恋愛は長期間間継続すると予測できる。人には「一人で愛を得ている状態を何とかさけよう」とする時が多い。違う表現をするならば、「受けたお恩義は同じように返したくなる心理」が働くと言う事である。

恋人との関係では、ありがちな事でも「こんな事までありがとう」や「助けてほしい」と本当の事を率直に口に出す新鮮な心を慣れっこになってもしっかりと忘れない事が欠かせない。

未来の恋人を逃さないために一番初めに大切な事では何か知りたいと問い合わせられたら、私なら、勝負どころを捉える事と回答したい。第二も同じ、第三もやはりチャンスだ!

恋愛ができないのは、自己評価が厳しすぎる事が原因なのである。自分自身の評価が高すぎると恋人までの間にあるハードルを上げている。自己評価が上手な人は、越えなければならない恋愛のハードルを越えやすくする事につながっているという事実。

「好き」の特性を恋愛女性の心理学の調査結果から、「恋愛と好意の情感」とに分類して観察している様だ。結局のところ、恋愛はカノジョに対しての、好意という感情は親友に対して持つ心情です。

異性へのアプローチが積極的な小生の事例を挙げると、同僚から、ふらりと入った立ち飲み屋、風邪を診てもらいに行ったクリニックの診察室まで、あらゆる所で出会い、異性交遊へと進んでいる様だ。

恋愛の相談で語っているうちに、知らない間に最も気になっている男子や女子に湧いていた恋愛感情が、喋っている男の人/女の人に覚え始めるという出来事が見られる。

恋愛をする上での悩みは千差万別だが、紐解いてみると自分とは異なる性に対する本有的な気負い、畏れ、相手の心情が察知できない悩み、ベッド上での悩みではないかと考えます。

恋愛から生まれる悩みや心配は十人十色です。手際よく恋愛を心から楽しむためには「恋愛のキモ」を身につけるための恋愛テクを知っておきましょう。
posted by perfectlove at 00:49| Comment(0) | 日記

2015年07月01日

普通のときにはやさしさに欠け





ご存じロミオ&ジュリエットで知られる、許されざる愛がほかの愛よりも燃える理由は、知り合いからの干渉が強く結ばれた二人の絆をもっと強固なものにしてしまう心の動きが作用するものだからである。

親どうしも認めている結婚を前提とした交際のような本当にずっと彼女にモテたいのなら、やさしくてそして賢くて、さらに忠実で信頼もおける周りの人への思いやりもあるそんな父親のような男性になる事を目指せ!そんな人は結婚できると思う。

世にバッドボーイズ理論を聞いた事があるだろうか。それは普通のときにはやさしさに欠け、四六時中恋人を大切にせずがさつに扱っているのに、珍しくのぞかせる優しい心に慣れていない恋人は感激してしまうというわけなのだ。

甘い「愛している様だ」の本当の意味にはまちがいなく「私の事を愛して下さい」が見え隠れしている。愛というものは差し出しあっているように思われていたとしても、実際は相手から奪い合うものだ。

いわゆる「犬好き」は感情表現がワイルドな恋人がいい。愛情をつぎ込んだ分だけ犬好きな自分にも応えてくれる、そんな感じの自分好みの恋人を思い願ってしまう傾向が少なくない。

つまり、サービスの根本は、大好きな人にどうやったら歓んでもらえるかを悩む事に違いありません。奉仕は人を愛する事と同じと推察する事がします。

昔から評判も良く、さらに言えば利用している人が多く、よく見かける掲示板やタダでもらえるティッシュも広告塔になっているような、知られた一から十まで完全に0円の無料出会い系サイトを使うのが常套手段です。

女の子向けの月刊誌では、代わり映えもせず大量の恋愛の攻略法が記載されている様だが、ここだけの話大抵は日々の生活の中ではどう使えばいいか分からなかったりするのも致し方ありません。

自分の体験談からすると、然程仲が良いわけでもない女の子が恋愛の相談を要求してくる時、必ずしも自分だけに切り出しているのではなく、その女性の知人男性みんなに話しかけていると断言できる。

出会った時からその女性を愛していないと恋愛じゃないと思う!という意識は正しくはなくて、そんなに急がずにみなさんの心理をそっとしておく事をご提案します。
posted by perfectlove at 01:55| Comment(0) | 日記

2015年06月30日

好意を持っている異性





お付き合いしたい男性が何か飲み物をのんだら、自分も飲む。頭をかいたら、自分もかく。足を組みかえたら、自分も組みかえる。あなたが相手のしぐさそっくりの真似をするとお付き合いしたい相手に親近感がわくのはあたりまえ。

「俺が守ってやる」というような強い男性らしい武道家のような口説き文句に口説かれてしまう女性は相当の率にのぼる。しかし残念ながら口先だけの男性とはずっと交際する事ではない事も考えられる気をつけなければならない。

「自由な時間がない」が珍しくないそんな女性はモテない。「せっかくデートに誘っても時間が取れずにダメといわれそう」と男性がしり込みをして誘うのを実行しないのが当然ではないか。

好意を持っている異性と二人でいて、隣に座ったときに、無意識に間に相手の荷物なんかをもし置く関係なら、それは拒絶している心の表れ。今のところ心はさらけ出せていない証明なのである。

恋人をいとおしく思う感情だけが恋人たちの心と心を固くつなぎとめている。愛し合う二人だから男女関係なく異性に、いいかげんな事ができない。こういう誠実さが女を、そして異性としての男を磨く結果になるのだ。

恋愛の相談に乗る事でいい人と思われて、女性の知人と遊ぶときに誘ってもらえる吉日が増幅したり、恋愛の相談が遠因でその女の子と恋仲になったりする人もいる様だ。

スタイルに惹かれただけというのは、誠実な恋愛とは言い難いものだ。また、高級車を運転したり有名ブランドのバッグを携えるように、自分の力を誇示するように彼女/彼氏を人に会わせるのも正しい恋とは異なります。

「全く出会いがないのだ」などと諦めている人は、事実を見てみると出会いがないなんて嘘っぱちで、出会いがないなどと言って回る事で恋愛する事に対して及び腰になっているというのも、よくある話です。

恋愛にまつわる悩みや懸念は人の数だけあります。問題なく恋愛を満喫するためには「恋愛の奥義」を理解するための恋愛テクが不可欠です。

出会った時からその人に関心を寄せていないと恋愛なんてできない!という視点は短絡的で、少し余裕を持ってみなさんの心理を感知していてほしいと思いる様だ。
posted by perfectlove at 00:00| Comment(0) | 日記